【家事ヤロウ】かに玉風あんかけ焼きそばのレシピ。最新やきそばアレンジの作り方 10月21日

2020年10月21日テレビ朝日系列「家事ヤロウ!!」最新焼きそばアレンジで紹介された、カニ玉あんかけ焼きそばのレシピをご紹介します。普段料理をしない家事初心者でも簡単に作れるレシピです。料理苦手な方でもご安心くださいね。
手間のかかるあんかけをかに玉の素でつくるという話題のレシピ。簡単に美味しいものが食べたいという方、見逃したという方は必見です

家事ヤロウ!かに玉風あんかけ焼きそばレシピ

材料(1人分)

やきそば麺 1玉
卵 1個
とろろ 40g

<あんかけソース>
カニ玉の素(市販品レトルト) 1袋
水100ml

作り方

1、ボウルに焼きそば麺・卵を入れる。

2、とろろを加え、味にムラが出ないよう菜箸でしっかり混ぜる
  
3、フライパンに②の麺を入れ、平らに広げて弱火で3分ほど焼く。焼き目がついたらひっくり返し、裏面もしっかり焼く

4、あんかけソースを作る。レトルトの「カニ玉の素」に入っているあんかけの素・かに玉の素・水を別のフライパンに入れ、中火でとろみがつくまで1分ほど温めればOK.

5、器に(3)の麺を盛り、(4)をかければ出来上がり。

ポイント
とろろをいれることで焼きそばがふわふわ食感になります!
   

家事ヤロウ!カニ玉風あんかけ焼きそば 作ってみた感想

○○の素、万歳

あんかけの素があれば味が決まるので、料理苦手さんも安心して作れるレシピです。普段は○○の素を使わない方も試してみる価値はあります!一度試してみて、○○の素が自分にあっているかあっていないかを判断してみるといいと思います。味つけが苦手な方にもおすすめです。

意外な組み合わせが美味しい

焼きそば、とろろ、卵という組み合わせははじめてで驚きましたが、食べてみるとふわふわして美味しかったです。卵がなしの、とろろのみバージョンでも作ってみるとどんな感じになるのか気になるので、次回挑戦してみたいです。

具材が少ないので、ボリュームアップするべし

あんかけの素のみで十分美味しくできあがるのですが、どうしても否定できないのが具材が少ないこと。パッケージ内に入っているもののみですので、満腹になるかというと厳しいものがあります。あんかけの具材を増やすと満腹感を得ることができそうです。次の気になったポイントで、解決案をご紹介しますね。

家事ヤロウ!カニ玉風あんかけ焼きそば 気になったポイント

・生か冷蔵冷凍とろろ、どちらを買うか

冷凍・冷蔵とろろ

冷凍・冷蔵とろろのメリットは、すりおろす手間がいらないこと!冷凍は流水解凍・自然解凍で使えます。 セブンイレブンでは冷凍の山芋とろろ(40g×2袋)が販売されていて、今回のレシピにちょうど良さそうです。スーパーには冷蔵とろろを販売しているところもあり、こちらはそのまま使えるので便利です。手軽さなら、冷凍冷蔵とろろの一択です。

生の長芋をすりおろしてとろろにする

とろろが大好きという方には、生の長芋をすりおろして使うことをおすすめします。生の長芋をすりおろす場合は、全部まとめてすりおろし、使わなかった残りを分けにして冷凍保存しておくと便利ですよ。冷凍したとろろは、冷蔵庫で自然解凍し、今回のレシピやとろろごはん、納豆とろろなどに使えますよ!ちなみに、長芋の皮はよく洗い、ひげ根を焼ききれば、そのまますりおろすことができます。色が悪くなるかなと思われますが、色はさほど変わりません。

また、長芋は冷凍後にすりおろすとかゆみがでにくくなります。翌日以降に作る場合は、冷凍庫で長芋を冷凍してからすりおろすとよいですよ!

家事ヤロウ!カニ玉風あんかけ焼きそば 食べごたえをアップするには?

特に具材を使っていない基本レシピです。簡単に作れて、味も美味しいので、これはこれで十分です。しかし、食べごたえを出すには、具材の追加をお勧めします。レンジで加熱したもやしや薄くスライスした玉ねぎをあんかけに加えることで食べごたえがでてきます。なるべく手間をかけずにボリュームアップしていきたいですね。ボリュームを出すことで、少ないおかずでも食べごたえがでてきますよ。

家事ヤロウ!カニ玉風あんかけ焼きそばのまとめ

○○の素という市販品は味は出来上がっています。大半のものが美味しいので、安心して作って食べることができますね。家事ヤロウ!でバカリズムさんいわく、「食感はチヂミ」とのこと。家事ヤロウ!の番組内では、料理としてはアリ、焼きそばカテゴリとしてはナシという結果でした。料理としてはおいしいそうなので、ぜひチャレンジしてみたいですね!ソース味、塩味の焼きそばに飽きたという方にぜひつくってもらいたい焼きそば料理です。いつもと違った焼きそばに出会うことができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました